凧市のご案内
 

2018年12月29日(土)



東京ベルサール日本橋タワー内広場にて凧市を開催


お申込みはもうしばらくお待ち下さい。



 

凧市とは。

営利が目的ではなく、凧市を通じて、凧と凧揚げの技術を伝えることが目的です。

 そのため売り上げは2等分して

  1 本会の運営費。

  2 材料代として作者へ返還、とします。

販売に参加するのは事前申込みした本会会員のみ。

築地本願寺様という宗教施設の門前をお借りするため、いくつかの注意事項をお守りいただくため事前に書面で注意事項をご理解いただき必ず同意書に署名を御願いします(12月10日締め切り)。当日の飛び入り参加はできません。

凧は、

1自分で製作。

2自分で販売・凧揚げ指導。

3自己清算。

4売れ残りは持ち帰りが原則です(無料配布は不可)。


9時集合、10〜16時開催。


雨天でもテントを用意しますので決行します。

12月29日東京ベルサール日本橋タワー凧市参加のお誘い
  (出展は本会会員のみ)
同意書http://www.tako.gr.jp/jpn/2016%20ichi%20.pdf
日本の凧の会会員のみなさま
会報第95号93頁で既報どおり「凧市」を12月29日(土)10時から16時に開催いたします。
(参加者集合9時)

「凧市」の目的は、会員手作りの和凧(和紙と竹で作った凧と定義)を、一般の方に頒布(はんぷ・有料で広く行き渡らせる)すると同時に、凧揚げの技術を伝えることが「目的」です。

作った人が、みずから揚げた方を指導しながら、販売することで、その「目的」を達成します。
営利が目的ではありません。

参加者は、イベントの性質上および管理上、事前に同意書に署名をお願いし、
当日は、申し込みのない方はご遠慮願っています。
(お金のやり取りがあるため半纏・帽子は参加者のみ着用)

普通の凧揚げと違い、公共の場で一般の方を相手にするためルールが多少きゅうくつですが、自分の凧が人の手に渡り、揚げてもらえる喜びは何ごとにも代え難い喜びです。

主旨を御理解のうえ楽しくご参加ください。
(もちろん参加資格は本会会員のみの特典)

くわしくは上記会報、および添付の
「凧市の栞」「凧市同意書」を御覧ください。